スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- --:-- | スポンサー広告
雨上がりの夜空に

それは15年くらい前の夏、
新入社員仲間と大阪城の野音へアコースティックなフェスティバルを聞きに行きました。
いろんなバンドやミュージシャンが出演する中で、

忌野清志郎様。

あなたは、エレキギターを弾きまくって歌ってましたね。
アコースティックなフェスティバルだというのに・・・。
あの時も確か「雨上がり~」は歌いましたかね。

そして、RCが無くなっってかなり経つ今もあなたは、TVで「雨上がり~」を歌っています。
あなたは、星の数ほどの名曲を抱えながら、それでも「雨上がり~」を歌うのですね。

きっと、
甲本ヒロトはTVで「青空」を歌うことは無いし、吉井和哉もTVで「JAM」は歌うことがないでしょう。

それでも、
忌野清志郎様。

あなただけは、マンネリズムをも超越し、
1つの曲を永遠に歌うことを許された唯一無二のスターのような気がします。

雨上がりの夜空には、ジンライムのようなお月様が輝き続けるのです。

スポンサーサイト

2005-10-05 00:42 | RC SUCCESSION | Comment(2) | Trackback(0)
Comment

私は今頃になって忌野清志郎に魅せられております。^^
あのメイクであの衣装・・・歌う姿勢、敬礼モノです。
ジョンレノン追悼ライブでは、彼がみんなを食ってましたね。
あのオーラ。。。これからも楽しみにしている私です。

neko 2006/02/24(金) 01:31:07) 編集

私は初めて買った”レコード”がRCなので、
思い入れいっぱいです。
(正確には、「ガッチャマン」らしいですが…)

(ソロ以降)の清志君は、全然知らないんですが、
ほんとこんなに長い年月を経てもテンションが落ちないのは凄いですよね。

「夜のヒットスタジオ(生放送)」で
テレビカメラに向かって、噛んでたガムを吐いてたのが
昨日のことのようです。

chi-chi 2006/02/26(日) 11:50:33) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback

Trackbak URL:http://oyazislife.blog38.fc2.com/tb.php/32-f093c301

<フジロック | GIRLIE>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。