スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- --:-- | スポンサー広告
SPIRIT'S COMING

2006年3月にオレは大分へ行ったのさ
微妙なニーズを外し、顧客に怒られた
そう勝ち取らなければ進めないんだぶつかりあうのは承知だ~♪

大分で初めてホバークラフトに乗ったんだ。
た…楽しい~♪


「(にわか雨 にわか雨 にわか雨)」
~ SPIRIT'S COMING(GET OUT I LOVE ROLLING STONES) ~

スポンサーサイト
2006-03-24 00:38 | 吉井和哉 | Comment(2) | Trackback(0)
BEAUTIFUL (その2)

いくつになっても
得体の知れない不安や閉塞感に襲われるときはあって。

自分の目標は何なのかとか
一生懸命やれてるのかとか
これからきちんと生きていけるのかとか
自分は何になりたいんだろうかとか
エトセトラ

そして、なにが不安って
これらの自問に何一つ正確に答えられない自分が
一番、どうしようもなく不安だったりする。
自分のことを白黒つけて正確に説明できない自分自身…。

でも、ひとつだけ。
”好きなもの”は、はっきりと言えるんよね。もう明解に。
不思議なことに、自分の人生を振り返った時、
いつ、どんなときでも、けしてぶれることなく。凛として。

<俺は、これが好きなんだよ~!>って。

引かれようが何しようが、好きなものだけは変えられない。
好きなものを”偽る”ことも何の意味もないし。

ささやかだけど、
好きなものがそこにあるっていう幸せは、確かにあるのだと思う。

これからも
大好きな音楽と、大好きな映画と、大好きな本と、大好きなマンガと
大好きな彼女(彼氏)と
「惑わされずに 寄り添っていて」


2006-02-20 01:55 | 吉井和哉 | Comment(0) | Trackback(0)
欲望

”はた”と気づいた。

あの屈折大魔王 吉井和哉、
ひねくれさせたら天下一品の吉井和哉が、

これほどまでにシンプルにストレートに”落として”きている。

これは 「啓蒙活動のチャンス!」

自分は、大変感銘を受けたものは、人に勧めたくてしょうがなくなる「うざい」癖があるのだ。
そう、「共有欲」。

前から、「吉井はいい!」といい続けていたのだが、
やれ「アジカン」だの「レミオロ」だの勢いに押され…。
「AT the Black Hole」を薦めても
「なんかイエモンと違う…」「ちょっと暗い…」とかの感想。

#頼むからあと10回我慢して聞いてくれぇ!!!
#そしたら君にもわかるはずや!

と何度、砂を噛む思いをしたか。

しかし、「Beautiful」(これはある意味ミニアルバム)ならいける!
そう確信したのだ。

しかし…。
初日、会社での啓蒙活動は失敗に終わる。
ギリリっ!くそ。聞いてくれさえすれば…。

CDに回覧付箋を貼って、部内回覧しようか…。




「欲望」はなんといっても、ベース(外人さんが弾いている)がいい。
特にサビのところが脳を刺激していいなぁ。
あとガリガリしたギターと。

「生命ちらつかせ試さないで」
~ 欲望 ~



2006-02-03 00:43 | 吉井和哉 | Comment(2) | Trackback(0)
BEAUTIFUL

~2006/1/25のプログ

くしくもシングル発売日の決断。

とうとうLIVEに行くことにしました。来週のゼップです。
チケット、ヤフオクで入札中です。
でも、BEAUTIFUL聞いてないんです。聞いていったほうがいいかな。

このまま大阪城のファイナルも行きたいと思ってます。

余談ですが・・・U2もくるんか。行きたいな。

~2006/2/2加筆

ヤフオクで無事落札し、LIVEには行けました。
BEAUTIFULは聞いていきませんでした。
オフィシャルHPで、サビだけ1回試聴して。
そのときは「大丈夫か?この新曲」って感想で。

でも、取り越し苦労。
会場で”ズキュ~ン”です。

で、さっそくその後CD聞いて。ズガガガガガ。
マシンガンで打ち抜かれました。

きっと、
聞いてからLIVE行くとか、LIVEで気にいってCD買うとか関係なくて
撃ちぬかれる場面が違うだけなのかもしれない。
そんな気がしています。
吉井和哉に限っては。

「惑わされずに寄り添っていて」
~ BEAUTIFUL ~

2006-02-02 02:48 | 吉井和哉 | Comment(0) | Trackback(0)
MY FOOLISH HEART

東京へ向かう新幹線の窓から
流れていく景色をボ~っと眺めながら「BEAUTIFUL」の3曲を
永久ループで聴き続けていた。

聞けば聞くほど、

「なんて甘っちょろいんだ…。」

ほんと、いい歳して、なんて甘っちょろいんだ。吉井君よぉ。
最近じゃ小学生も言わないよ。こんなセリフ。
どうしようもないくらい、なんて甘…。


  …沁みるなぁ。どうしようもなく。




「なげだすものか 逃げ出すものか 怯えるな MY FOOLISH HEART 」
~ MY FOOLISH HEART ~

2006-02-02 00:59 | 吉井和哉 | Comment(0) | Trackback(0)
<Prev
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。