スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- --:-- | スポンサー広告

博多への移動。新幹線。
なにかと忙しく、疲れが溜まっていて
「こりゃちょっと寝にぁ持たんな…」と思いながらも、
大好物の”すえひろの天むす”を頬張りながら、
何気に買っていた「Rockin'on JAPAN 6月号(創刊20周年記念号)」をめくる…。

20年前からの表紙や特集を飾ったミュージシャンのショット特集。
ストリートスライダーズ、レッドウォーリアーズ、
フリッパーズ・ギター、ボ・ガンボス、麗蘭。…。
そしてTHE YELLOW MONKEY(とんがってるなぁ吉井君)
なつかしぃ~。うわぁ!すげぇ~。
こりゃ寝てるどころじゃないぞ!

ヒロトと浅井健一とハリーのスリーショット。
すげぇ!こんなんあるんや。すげぇ。すげぇ。

昔のタイマーズのゼリー(清志郎)のインタビューの再掲載も良かったし。

そうかぁ、草野君は真島昌利のソロアルバムを聞いてたんだ。
とかも判って、親近感湧くなぁ。応援するよ、スピッツ。

そして、もっとも
「…あぁ、ええな~」
と、ずぅ~と見入ってしまった写真。
吉井和哉と奥田民生と草野マサムネの、
なんか野外フェスの会場をバックにしたスリーショット。

なんかねぇ。いいです。
いっぱい音楽を聴きたい気分です。

「いたずらなやりとりや 心のトゲさえも 君が笑えばもう 小さく丸くなっていたこと」
~ 「楓」 SPITZ ~

スポンサーサイト
2006-05-24 00:58 | 日記 | Comment(6) | Trackback(0)
1001のバイオリン

最近、CMで流れる『1000のバイオリン』。
映像に流れる勇者ライディーンが更にノスタルジック。

うちの子も口ずさむ「ヒマラヤほど~の~♪」
あぁこのテンポは、『1001のバイオリン』だろうか。
何故、今更、今頃。

『星降る夜に』は何故か心に響かない。
(そんなことはもうどうでもいいのだ)

P.S.ひさしぶりに戻ってきました。


「思い出は熱いトタン屋根の上 アイスクリームみたいに溶けていった」
~ 1001のバイオリン ~

2006-05-16 00:40 | THE BLUE HEARTS | Comment(0) | Trackback(1)
SPIRIT'S COMING

2006年3月にオレは大分へ行ったのさ
微妙なニーズを外し、顧客に怒られた
そう勝ち取らなければ進めないんだぶつかりあうのは承知だ~♪

大分で初めてホバークラフトに乗ったんだ。
た…楽しい~♪


「(にわか雨 にわか雨 にわか雨)」
~ SPIRIT'S COMING(GET OUT I LOVE ROLLING STONES) ~

2006-03-24 00:38 | 吉井和哉 | Comment(2) | Trackback(0)
喧嘩上等

「喧嘩上等」。

このタイトルを見たとき、これはブログの記事に使える。オイシイ。
その時はそう思った。

しかし、意外にというか、当たり前というか日常には「喧嘩上等」なエピソードは無い。
思えば、遥か昔、学生時代に先輩に顔面を蹴られて以来、バイオレンスな出来事は起こっていない。しょぼい喧嘩は別として。
(その時は歯が欠けた。まぁ一方的に蹴られて「喧嘩」でもないんだけど…)

思い直す。
このジャズぃなアレンジ+英語歌詞。これで「喧嘩上等」。
ある意味、ストレートな暴力サウンドよりドスが効いているのかも知れない。

そういうことであれば、
電車でくたびれているあのオジサンも、このオジサンも。
背負っているものの為、紛れもなく命を懸けて、戦っているのだ。
大げさでなく。
自分もそうだから分かる。

まぁそうでない人もまれにいるし、
仕事が終わってからの世間一般のオヤジのダメダメぶりが、
イマイチかっこいいと思われない要因なのであるが。

少なくとも俺の周りのオヤジたちは、
日中いつでも「喧嘩上等」だ。
そりゃあ、かっこいいゼ!。

「待てこら未だ答えは聞けちゃ居ないのさ」
~ 「喧嘩上等」 東京事変 ~

2006-03-14 00:49 | 日記 | Comment(0) | Trackback(0)
バラ色の日々

ARE YOU A BELIEVER ?

決してタブー化することなく
イエローモンキーの曲を演奏することは、又、四人が一緒にやることへの前進するための一歩だ。
そう思っていた。

吉井和哉がこのツアーのラスト城ホールで歌ったのが
「バラ色の日々」。
(らしい。という記事を、後日読んだ。)

イエローモンキーを歌えば、前進だと確信していたのに。
わからなくなった。

どうしてこの曲を選んだのだろう。
ノスタルジーなのか、それともなんか意味あるのかな。

解散した年、メカラウロコで「JAM」を演ったのは明確に(出来るだけ多くの)ファンの為だったと思う。
でも、どうして「バラ色の日々」。

と、ここまで自分の記事を読み返してみて。
所詮、大きなお世話で、
なんだかんだいっても自分の好きな順に曲を並べたとしたら、
思い入れ度が上位じゃなかったので、勝手にがっかりしてるだけなんだけど。
よくよく想像すると
きっとその場で聴いた「ばら色の日々」は、
ライブに行った人にとってかけがえの無いものになったんだろうなぁ。

結局、
そこにいたかったなぁ。聴きたかったなぁ。へたすりゃ泣いてるなぁ。
ということになるのだと思います。

あらためて聴く「バラ色の日々」。
いい曲やな。(いい曲多すぎるんやな)。
詩もめっちゃええな。あらためて詩を眺めて思う。

ARE YOU A BELIEVER ? YES!!! I'M JUST A BELIEVER.



「雨の中を何も見えずに走るのは  とても深く生かされるのを感じたような」
~ バラ色の日々 ~

2006-03-09 01:16 | THE YELLOW MONKEY | Comment(2) | Trackback(0)
<Prev
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。